和装を楽しみたい方へ#4

買えない
-買うところがない

 いわゆる町の呉服屋さんというのは、比較的小さな町にも必ず昔からありました。現在その数が減ったとは言え、まだそこそこのお店は残っていると思います。ですから、買うところがないというのは、呉服屋さんがないということではなく、知ってる店がないとか、店があっても入る気にならないということだと思います。

 よく聞かされる悪いイメージとは・・・敷居が高い、待ちかまえている、すぐに声を掛けられる、愛想が悪い、つきまとわれる、根ほり葉ほり聞かれる、売りつけようとする、無理矢理買わされそう、高いものを押しつけられそう、売る姿勢に問題あり、などでしょうか。小売店を営業している私にとっても非常に耳が痛いことで、それぞれのお店にも事情はおありのことと思います。ただ、ほかのお店のことはわかりませんので、ここでは当店のことをご紹介させていただきます。多くのお客様にご来店いただけるよう、実際に私たちが心がけていることです。

 まず、ひさかたやでは入りやすい店を目指して開放的に、なるべく外から中が見えるようにしています。また、私自身呉服売り場でお店の人につきまとわれるのが嫌なので、積極的な接客はしません。もちろん『いらっしゃいませ』とお迎えはしますが、『お嬢様のものをお探しですか』とか、あれやこれやお尋ねはせず、お客様の自由に店内をご覧いただくようにしています。ただ、冷たく愛想の悪い店と思われるのも困りますので、“当店ではお客様にゆっくりとご覧いただきたいので、こちらからのお声掛けは控えさせていただいております。ご用の際はお気軽にスタッフにお申し付け下さい。”と表示しています。

 表示といえば、きものも帯も、裏地や芯の値段を含む、仕立て上がり完成品価格の表示を心がけています。さらに、どうしても説明が必要なことはPOPで表示します。また、高価なものだけでなく、色々な着付け用品、小物や和雑貨も充実させて、色々なニーズに対応する努力をしているつもりです。白足袋は13cmから29cmまで揃っているのが自慢です。それから、洋服のように試着して選んでいただけるように、仕立て上がり商品の割合を増やしていますし、今後もっとそうするつもりです。

 以上は当店の一例ですが、呉服屋さんも多様化しています。もちろん昔ながらのところ、大手チェーン店、若いスタッフがいる店、ディスカウンター、リサイクルショップ、インターネットもあります。“怖いお店はいません宣言”をしているお店もあるそうですから、どこも同じと決めつけずに、ぜひ色々なお店を見比べてください。