格ときもの、着るのはどっち?

2015年6月18日

“格”を意識する上で特に重要なのは、正礼装、準礼装などの、いわゆる正装の部分というお話を前にしました。それに次ぐ略礼装は、きものでは訪問着、洋服ではワンピース、スーツということですから、ずっと身近になりました。

さて、ここでは、“格”の全貌を知るために、略礼装以下についても考えてみることにします。きもの入門の本などで細かくクラス分けされているものを見ると、
-(略礼装)-外出着-おしゃれ着-街着-普段着-ゆかた
と続きます。それに対応するきものは、訪問着に続いて付下げ以下が紹介されています。このあたりになると、外出着と街着の違いとか、おしゃれ着と普段着の違いとか、どっちが上でどっちが下とか、正直わからなくなります。同様に、付下げと色無地と小紋と紬の順番も完全には決められないことが多いのは前に書いた通りです。

さあ、ここまで細かく分ける必要があるのでしょうか。皆さんはそういう意識で洋服を選んでいますか。私は、これはもう意味がないと思っています。入門書で、正礼装から始まって最後までバランスよく紹介するのはわかりますが、実際に分けられないものを無理して分けてもややこしくなるだけです。それこそ、きものが難しくなってしまいます。

もう一度洋服と比較してみましょう。洋服の略礼装はワンピース・スーツで、その次はあまり思いつきませんが、パンツ、カットソー、ジーンズなどでしょうか。当然略礼装のワンピース・スーツにもフォーマルよりからカジュアルよりまで様々あり、もはやどれが外出着でどれが街着という区分は現実的でないことがおわかりいただけると思います。

きものもこれと同じで、礼装に縁のないひさかたろまんとしては、礼装以外は全部普段着でいいとさえ思います。そうすれば、少なくともきものも洋服の気軽さで、訪問着からもめんのきものまで、いろいろなところで区別なくお召しいただけるはずです。

・格ではなく着るのはきものなので、礼装以外は全部普段着でも良い