格はなぜ難しい?

2015年6月18日

さて、ここでもう一度、きものの序列を思い出してみましょう。
留袖・振袖-訪問着-付下げ-色無地-小紋-お召-紬-ウール・麻・もめん・化繊というものでした。これ以外の表現もあるでしょうが、どれもそれほど大きな違いはないと思います。さて、この順番をご覧になって何か気づきませんか。

留袖、訪問着と、小紋あたりまでは柄の配置や有り無しの差だったものが、次いでお召しは織り方のことですし、最後は糸や素材の差になっています。素材でいうと絹はどこにも出てきませんが、留袖から紬までは絹が一般的です。同様に織り方でいうと、留袖から小紋までは普通、縮緬が使われることが多いでしょう。

ですから、上の序列をより正確に捉えるには、
柄配置(留袖など)~織り方(縮緬など)~素材(絹など)
の3要素で考えなければなりませんので、組み合わせはもっと何通りもできてしまいます。しかも、中には『紬で平織りの訪問着』のような例外的な組み合わせもあって、どこに当てはめるのかが難しくなります。また、例えばひとくちに訪問着といっても、フォーマル度が高いものから低い物まで様々ですので、それも複雑に絡み合って一層ややこしくなります。

さらに実際には、これまで出てこなかったその他の決定要素もたくさん付け加えられます。例えば紋は重要です。これには五つ、三つ、一つ、なしという種類があり、単純に多い方が格が高いので見分け方は簡単です。一方、慣れないと難しいのが柄行についてで、例えば、格が高い-低いの順にいくつかご紹介すると、古典-モダン、重厚-軽快、和-洋、大-小、金銀あり-なしなど、まだたくさん出てきます。ここまで来ると、もはやプロである我々にも複雑すぎて、できれば触れずに済ませたくなります。ですから、一般の方にはややこしすぎるし、深入りしても意味がないというのが私の結論です。

・“格”の基準は一つでなく、それぞれにも程度の差があるのでややこしい