格はどこでものをいう?

2015年6月18日

前の章(きものの格とは?)で、“格”というのはフォーマル度の順番だという基本をご理解いただけたでしょうか。では、その格がどう活かされるかというとこんな場面です。
『結婚式で着るには少し格が低い』、『子供の入学式にはもっと格の高いものでないとおかしい』、『きものと帯は格を合わせるか、帯の格がやや上の方がよい』。

最初のふたつはTPOの問題で、あとの一つは組み合わせの問題です。要するに格とはフォーマル度なのですから、TPOには当然大きく影響します。それもフォーマル度が高い正装になればなるほど厳密になります。そこで、既婚女性、夜という前提で、きものと洋服の礼装を比較してみると

正礼装   黒留袖五つ紋  イブニングドレス
準礼装   色留袖三つ紋  カクテルドレス
略礼装   訪問着紋なし  ワンピース・スーツ
のようになるそうです。異論のある方もおいででしょうが、諸説あるということでお許しください。また、突然“紋”が登場しましたが、格と紋には切り離せないところがありますので、それもご理解ください。

ここで注目していただきたいのは、正礼装や準礼装は、普通の人は一生のうちにそうそう体験するものでないということです。それに対して略礼装は、洋服ではワンピースやスーツに当たるわけですから、一気に日常生活に近くなります。ちなみに、ドレスコードの“平服”というのはこの略礼装を指すのだそうです。

組み合わせの問題はまた後で触れるとして、TPOを考えるとき、黒留袖や色留袖以外は、略礼装の訪問着で相当部分がカバーできることなれば随分気が楽になりませんか。

・格とは主に正装のTPOで、略礼装の訪問着は広範囲をカバーする便利もの