まず初めに、格とは?

2015年6月18日

きものや着付けの入門書でよく目にするするのは、『きものには格というものがありますので、まずきものの種類と格を覚えましょう』という説明です。続いて、きものでは、留袖・振袖-訪問着-付下げ-色無地-小紋-お召-紬-ウール・麻・もめん・化繊
また、帯では、丸帯-袋帯-京袋帯-なごや帯-半幅帯という序列が紹介されています。

この、“格”があるからきものは難しい、ということもよく言われているようですが、そもそも、きものの格とは何でしょう。本来、格という言葉は格式、格調、品格、風格のように使われ、私自身、それは上か下かを決める言葉なので好きではありません。

それはさておき、上の序列を見ると、格式、格調などは無視できないとしても、そこまで深く考えられたものではないような気もします。例えばきもの一つを取り上げて、このきものの格式は100点満点中の何点・・・といっても、それは人それぞれで違ってしまうでしょう。また、それを決めたところであまり意味もありません。

そこで、いろいろな資料を見比べると、どうも順番が重要ということがわかります。そして、その説明には、実は必ず正(第一)礼装、準(第二)礼装、略礼装・・・と書かれています。ということで、“格”というのはフォーマル度の順番で、きものだけではなく洋服にもあるものと理解すればいいようです。しかし、洋服の格があまり話題にされずにきものの格だけが問題になるのは、きものは形が皆同じという特性と、洋服に比べて、とにかくきものには馴染みがないということが原因のような気がしています。

・格とはフォーマル度の順番で、きものだけでなく洋服にもある