ホーム>ひさかたろまん オフィシャルブログ>きものの決まりごと>お茶のきもの
きものの決まりごと

お茶のきもの

201689194315.jpg


 いつも普段きものの着方を提案しているひさかたろまんですが、だからこそ説明を避けて通れないところがあります。それは、お茶のきものです。

 いろいろな習い事をされている方がいらっしゃいますが、その中で、きものと非常に関係が深いもののひとつにお茶が挙げられます。当社のお客様も、着付け教室に通われている方以上にお茶をされている方が多いと感じています。


 当然そこで、“このきものと帯はお茶に使えますか”と聞かれることが多いのですが、実はこれが難しい質問です。いつもであれば、最後はご本人のお好きに、ご自由にとお伝えしていますが、こればかりは簡単にお答えできません。

 実は、私もわずか、とも呼べないほどほんのわずかお茶を体験したことがあります。それだけの経験ですから、もちろん深くはわかるはずありません。でも、そのときの体験やベテランの方のお話、あるいは今こうして仕事を通して接してみると、どうやらお茶の本質とは“おもてなしの心”とのことです。

 そして不謹慎にも、私は、お茶はおもてなしのこだわりゲームであると感じています。お道具はもちろん掛け軸や花まで、”あなたのためにここまでこだわったのがわかりますか”、“さらにこんなことまでしていただいて、とても嬉しいですよ”のようなやりとりを楽しむ心理ゲームのようです。ですから、お茶のきものは、季節はもちろん色、柄や小物、あるいはそれにまつわる蘊蓄やストーリーに至るまで徹底的にこだわっていただくのが本来の姿だと思います。

 ただし、どこまでこだわるべきかは時と場合によっても当然異なるでしょうし、仮にその時と場合を教えていただいても我々には判断することができません。わかることだけは知識の範囲内の一般的な説明はさせていただきますが、最後には必ず、それは先生に確認してくださいというお返事になります。

 いつものお稽古のときからこだわることを指導される先生も、普段はもっと気楽に楽しんでという先生もいらっしゃいます。ベテランになるとご自分で判断されたり、先生のおっしゃることを先回りすることがあるのかもしれません。恐らく、きもの選びもお茶の楽しみのひとつなのではないでしょうか。ですから、特に質問の多い初心者の方ほど先生や先輩の皆さんに確認されるのがいいと思います。

 これまで、気軽に気楽に、自分らしくとか、難しく考えずに自由にとか、格なんか意識しなくてもと言い続けてきたひさかたろまんではありますが、それは、あくまでも着るもののお話しです。お茶のきものは着るものの範囲ではなく、やはりお茶の世界観の中で考えていただくほうがよろしいかと感じております。

 ということで、いつもの主張に反して、お茶のきものについてだけは極めて常識的な返事しかできませんことをお許しください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hisakataya.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/175

ページ上部へ